ペンぎんの巣 ~中国語~

"Suica"が"西瓜卡"なのはあながち間違いじゃない

最近、中国の方々が話しているのを何とはなしに聞いていたら、"西瓜卡"という言葉が飛び出してきました。

"西瓜"は、果物の「スイカ」ですね。"卡"は、「カード」のこと。

スイカ・・・カード・・・( ゚Д゚)!?

そうです、お察しのとおり、JR東日本が発行する"Suica"のことを、中国の方は果物の「スイカ」カードと呼んでいたのです。

いやいや、確かに発音上は”Suica”と「スイカ」は同じだけどさ(笑)と思ったのですが、よくよく調べてみると、これはあながち間違いではないことがわかりました・・

続きを読む 0 コメント

「歩きスマホ」を英語・中国語でどういうか

最も身近な社会問題となっている「歩きスマホ」。

駅のホームなんかで歩きスマホをしている人を見ると、ヒヤっとしますね。

スマホを含め、携帯電話の普及率はすさまじく、ITU(International Telecommunication Union)の統計によると、2015年の日本の携帯電話加入数は約1.6億件で普及率は約126%(人口を超える加入数のため100%超)だそうです。これだけ普及していれば、歩きスマホの問題もあって然りなのかもしれません。

一方、他国に目を向けてみると・・

同様に、アメリカは3.8億件の117%、イギリスは0.8億件の124%、ドイツは1億件の116%、フランスは0.7億件の102%、中国は桁違いで13億件の92%でした。

要するに、経済的に主要な国では、携帯電話が著しく普及していることになります。

それなら、日本と同様に「歩きスマホ」が問題になっているはず!っと思たのですが、そもそも「歩きスマホ」という言葉は英語や中国語でどう表現するのでしょうか

続きを読む 0 コメント

混乱しやすい"打折"

以前、日本のショッピングモールに服を買いに行ったときのことです。

購入しようとレジに行くと、そこには何やらアプリをダウンロードするだか、メンバーズカードを作ると、その時の買い物が "打一折" になると中国語で書いてありました。

心の中で「気前が良いな!」と思ったのもつかのま、併記してある日本語を読むと10%引きと書いてありました。

 

( ,,`・ω・´)ンンン?

 

続きを読む 0 コメント

スポンサーリンク


翻訳者兼ライターのオフィスペンぎん