マネジメントと管理の違い?

ビジネスで翻訳をしていると、よく"management"という言葉が出てきます。

"management"とは、日本語では「管理」という意味になりますが、厄介なことに日本語では「マネジメント」とカタカナで表記することもあります。

日本語独特の現象として、そのままカタカナで表すときは、限定的あるいは特別な意味を指したり、場合によっては全くことなる意味を指すことがあります。

「マネジメント」はビジネスにおける体系的な管理

「マネジメント」とカタカナで表す場合、ビジネスにおける管理(経営管理)を指す傾向にあります。

体系化された管理であることが一般的で、ビジネスにおけるさまざまな側面で使用されます。

例えば、人材マネジメント、品質マネジメント、環境マネジメント、在庫マネジメントなどなど。

ただ、基本的には「管理」と言い換えて差し支えないケースがほとんどですし、あまりむやみやたらにカタカナは使わないほうが・・・個人的にはむしろ賢く見えます。