副業で個人事業主として開業したきっかけ

IT環境や通信環境が整ったことにより、副業のハードルはだいぶ下がったようで、今や仕事の掛け持ちは珍しいものではないようですね。

私も普段は翻訳会社に勤める正社員ですが、それとは別に副業として「オフィスペンぎん」の屋号のもと、多言語翻訳や記事の執筆に携わっています。

しかし、実際のところ、私のようなケースでは個人事業主として開業してもしなくても、どちらでもさして問題はありませんでした。

開業せずとも、雑所得として確定申告をしていれば、税務上はOKでしたので、それよりも開業に伴う「リスク」を懸念していました。

「会社勤めしている身で、個人事業主になって大丈夫か」

「副業が会社にバレてしまうのではないか」

「会計の処理が面倒くさそう」

と、いささか開業に尻込みしていました。

しかし、時の流れとともに、いろいろ考慮すべきことが増えるようになり、ついには会社に勤めている身でありながらも、開業届を出して、個人事業主になろうと決意しました。

ここでは、開業を決意した理由やきっかけを簡単に紹介したいと思います。

同じような境遇にある方にとって、少しでも後押しになればと思います。

事業所得として青色申告で節税したい!

正社員として働いてはいるものの、給料は雀の涙。そもそも副業していた理由は、収入を増やしたいためでした。

得意であった外国語やライティングのノウハウをベースに、当初はクラウドソーシングを通じて、仕事を請け負っていました。

はじめは、どちらかというとお小遣い稼ぎの感覚でしたが、だんだんと売上が伸びるようになると、副業は生活を支える大きな収入と思うようになってきました。

きっかけは、副業所得が20万円、つまり雑所得での課税ラインを超えたことです。

非課税のときは気にも留めなかった税金ですが、何も対策を講じずに雑所得のまま確定申告していると、税金でガッツリ持っていかれてしまいます。

そこで、事業所得として扱い、「青色申告」に切り替えることで、65万円の控除を受けたいと思うようになりました。65万円の控除は、青色申告の最大のメリットですね。

ただ、青色申告をするためには、「簿記」の知識が必要になります。私は、クラウドの青色申告ソフトを使いましたが、はじめはわからないことだらけで大変でした。事務作業も相応に増えましたが、やはり65万円の控除の恩恵は大きかったです。

子どもが生まれた!(出費が増えた!)

喜ばしいことに、私たち夫婦の間にも子どもが生まれました。

子どもが生まれると、出費が増えるようになります。多少は覚悟していましが、そのお金がなくなる勢いを目の当たりにすると、危機感を持つようになりました。私の場合、金銭的な負担が最も大きくなったのは「家賃」でした。

それまで住んでいた家では手狭になってしまったので、子どもが生まれて早々、より広い家に引っ越すことになりました。場所は東京23区、広さを取ると、けっこうな額になります。しかも、家賃は固定費なので、節約しようと思ってもできないのが恐ろしい・・

一方、本業は頑張ればすぐに給料が増えるわけではありません。頑張った分が反映されるのはだいぶ先ですし、そもそも確実に頑張った分が反映される保証はどこにもありません。

しかし、副業は違います。多少の工夫は必要ですが、基本的には頑張れば頑張った分だけリターンがあります。

そこで、これまで軽い気持ちでやっていた副業に本気で取り組もうと思うようになり、決意を示すために開業届を出して、個人事業主になりました

個人事業主になり、屋号のもとで仕事を請け負うようになると、「お小遣い」から「事業収入」にレベルアップした実感があります。事実、売上は大きく伸びました。

本業の仕事も気に入っている

お金が足りない、あるいは収入を増やしたいのであれば、転職するのが手っ取り早いかもしれません。私は、正社員ではあるものの薄給。妻からも転職をすすめられる始末でした。

ただ、私は本業も気に入っているので、転職という選択は避けたかったのです。

私は、もともと外国語を専門にしていました。今の勤め先は翻訳会社なので、自分の得意なことを活かし、好きなことができる格好の場です。おまけに、ビジネスライクな外国人と働いていることもあって、ストレスフリーです。

薄給であることを除けば、私は本業に概ね満足しているので、転職することには抵抗がありました。

また、正直なところ、転職して、また一から新しい会社に馴染むというのも面倒でした。

そのため、より給料の高い会社に転職するのではなく、平日の夜中や休日、通勤時間をフルに活用して、副業の規模を大きくすることでカバーしようと思いました。

フリーランスとして独立するのに興味があった

私は、翻訳会社に勤めていますが、自社ですべて翻訳しているわけではありません。

翻訳会社は、いわゆる元請け会社あるいは代理店です。そのため、基本的には、提携しているフリーランスの翻訳者に翻訳を依頼します(自分で翻訳することも多々ありますが)。

登録されている翻訳者は、ほとんどがフリーランス、要は会社と雇用契約を結ばない個人事業主です。外国語で食っていきたいと思っている私は、翻訳を生業とするフリーランスという生き方にとても興味がありました

フリーランスの翻訳者になる利点は、なによりも地理的に縛られない生き方ができることです。翻訳の仕事は、通信環境が整っていて、パソコンさえあれば、どこでもできます。いつか、海外や自然が豊かな環境で犬と暮らしたいと思っている私にとって、開業届を出すことは、その夢への第一歩でした。

個人事業主になったとはいえ、私にとって翻訳はまだまだ副業です。しかし、事業規模が大きくなり、収入が安定してきたら、それこそフリーランスとして独立したいとひっそり思っています。

開業届を出して悪いことはない

私は、どちらかというと慎重派です。会社に勤めているのに副業で個人事業主になってしまって大丈夫なのか、わりと長い時間悩んでいました。

しかし、いざ開業してみても、何も問題は起きませんでした

青色申告や代金請求などの庶務で悩むことは増えましたが、いずれも建設的な悩みであって、一つひとつやり遂げていくことに充実感があります

また、予期していた通り、開業届を出すと、がぜん意欲が湧いてきました。

今のところ、私は副業で個人事業主になって後悔していませんし、良かったと思っています。もし、副業をベースに開業するかお悩みのようでしたら、ぜひ前向きに考えていただきたいと思います。(=´∀`)人(´∀`=)

スポンサーリンク