口座名義に屋号を入れる落とし穴

私は正社員としてある会社に勤めていますが、一方で副業にも精を出しており、個人事業主でもあります。

個人事業主になると、事業用の銀行口座が必要になりますので、当時開業届を出したその足で口座開設に行きました。

個人事業主は会社ではないので、口座名義は「個人名」になるのが一般的のようですが、「屋号+個人名」のように、屋号を入れることもできました(屋号のみはできません)。

口座名義に屋号を入れるのは、メガバンクではできるようですが、すべての銀行で対応可能かはわかりませんので、もし屋号入れを検討しているのであれば、事前に銀行に問い合わせておくと良いでしょう。

口座名義に屋号を入れても入れなくても、実質的には変わりはないのですが、私は銀行口座には屋号を入れたいと開業前から考えていました。

顧客とは、基本的に屋号名義で取引を行っているため、口座名義にも統一感があったほうが好ましいですし、個人名義の口座だと人によっては「ビジネスらしくない」と思われてしまうかもしれません。

また、これは自己満足かもしれませんが、銀行口座に屋号を入れることで、事業を行っている意識が強まり、モチベーションをあげるのに一役買ってくれていると思います。

屋号を入れると振替ができない!

銀行口座を複数持つ人も少なくないと思います。

私は、小さい時に親が某メガバンクで銀行口座を作ってくれたこともあり、ことあるごとに同行別支店で口座を開設してきました。

それらの口座間のお金の移動は、振替をすることで、基本的に無料でできていました

しかし、同行の決まりでは、無料振替はあくまで「同一名義」であることが前提でした。

・・・嫌な予感は的中しました。

口座名義に屋号を入れてしまったことで、非事業用の口座と事業用の口座との間の無料振替ができなくなってしまったのです。

こうなると、お金を移動しようと思っても振込扱いとなってしまい、場合によっては振込手数料がかかってしまいます。そのため、今はいちいち銀行ATMまで足を運んで、一度出金しては、改めて別口座に預金しなおしています。

個人事業主になると記帳がとても大切になりますので、そのついでと割り切っていますが、これから屋号入りの口座を作る方は、お気をつけください。

スポンサーリンク


関連記事

現金を扱わないメリット (金, 01 12月 2017)
>> 続きを読む

育児しながらの副業で気が付いたこと (月, 02 10月 2017)
>> 続きを読む

小規模個人事業主のデータ管理 (金, 01 9月 2017)
>> 続きを読む