翻訳会社社員が明かす翻訳者になる方法

私は、個人事業主として翻訳・執筆業務を請け負っていますが、平日は一会社員として翻訳会社に勤めています。翻訳会社では、翻訳作業を行うこともありますが、さまざまな言語のネイティブ翻訳者や案件の取りまとめを統括しています。

翻訳という仕事は、外国語が好きな方からすると、昔も今も人気があるようで、私も当然好きだからこの仕事に就きました。

翻訳者であり、翻訳会社に勤める者として、よく「どうしたら翻訳者になれるのか」と聞かれます。私はそこで、やや極論になりますが「外国語に自信があるのなら、誰でも翻訳者になれる」と答えています。

というのも、翻訳者は、弁護士や税理士などの「士業」とは異なりますので、特定の資格が必要になるわけではありません。せいぜい、英語ならTOEICやTOEFL、中国語ならHSKや中国語検定など、語学力を示す検定があるぐらいでしょうが、その結果が必ずしも重視されるわけではありません。

翻訳業界は、しっかりと翻訳ができさえすれば、仕事を請け負うことができる完全に実力主義の世界です。学歴や語学検定の結果が立派であろうがなかろうが、できない人はできませんし、できる人はできます。

翻訳者は誰でもなれるチャンスがある

翻訳業界のような実力主義の世界では、誰にでもチャンスがあります

もし翻訳者になりたいと思うのなら、いちいち翻訳学校に通ったり、通信教育を受けたりしていないで、とにかく足を突っ込む(仕事を請け負う)ことをおすすめしたいと思います。

実践は、一番の勉強です。

以下では、翻訳会社に勤める者の立場として、どうやったら翻訳の仕事を請け負えるのか、簡単に説明したいと思います。

翻訳会社に登録して仕事を請け負う

翻訳の仕事を請け負う最もオーソドックスな方法は、翻訳会社に登録されることです。

翻訳会社は、一般的に翻訳の元請けです。翻訳会社は、翻訳を必要としている顧客から翻訳業務を受注しており、受注した案件は社内で翻訳することもあれば、社外の翻訳者または下請け翻訳会社に再委託することもあります。これが、翻訳市場の一般的な構造です。

つまり、翻訳者として仕事を請け負うためには、翻訳を必要としている顧客が発注する翻訳業務を、翻訳会社から間接的に請け負うことになるので、翻訳会社への登録が必要になります。

では、どうやって翻訳会社に登録されるのでしょうか。主な方法は、2つあります。

 

①翻訳会社の翻訳者募集をチェックする

翻訳会社の多くは、自前のウェブサイトを持っています。たいていの場合、翻訳者を募集する場合はウェブサイトに掲載しますので、まずは条件に合った募集がないか、片っ端から探してみましょう。必要になったときだけ募集するところもあれば、常時募集しているところもあります。

応募すると書類審査があり、同時に試訳を求められることが多いようですが、詳細は翻訳会社によって異なります。

参考までに、私は翻訳者を選定するときは、試訳結果や翻訳サンプルを最重要視しています。また、表面的な誤字・脱字よりも、解釈上の誤りや言語表現としての不自然さをより問題視していますが、この辺りは翻訳会社や担当者によって異なると思います。

審査に合格すれば、報酬条件について具体的に協議したり、契約を交わしたりして、晴れて登録となります。

 

②翻訳会社のスカウトを待つ

わざわざ翻訳会社に応募しなくても、翻訳会社から依頼や相談を受けることもできます。

翻訳会社は、時折、登録している翻訳者だけでは捌ききれない仕事を請け負うことがあります。そんなときには、緊急的に新しい翻訳者が必要になり、手あたり次第に仕事を請け負えないか相談することがあります。

では、翻訳会社はどうやって未知の翻訳者とコンタクトを取るのでしょうか。その多くは、翻訳者の集うウェブサイトを活用していると思います。

有名なところでは、「翻訳者ディレクトリ」があります。翻訳者ディレクトリは、翻訳者として自分で自分を自由に登録することができるので、翻訳の仕事を請け負おうと思ったら、真っ先に登録することをおすすめします。

その他では、最近は日本でも利用者が増えてきた"LinkedIn"を活用する場合もあります。

また、個人のウェブサイトに直接連絡してくることもありますので、可能であれば、翻訳者としてのウェブサイトを自前で用意しておくのも好ましいでしょう。

 

登録はゴールではない

ただ、翻訳会社に登録されたからといって、必ずしも翻訳の仕事を請け負えるわけではありません。

内情を言ってしまうと、翻訳会社には贔屓にしている翻訳者がいます。これは当然なことであり、実力も責任感も十分あると認めている翻訳者がいれば、翻訳会社からしてもなるべくその人に発注したくなるものです。

仕事を発注する立場から言うと、いくら翻訳サンプルや試訳の結果が良くても、いざ初めての人に依頼するときは不安がつきまとうものです。

ただ、これは言い換えれば、このあたりの発注者の不安をうまく取り除けるような対応をすれば(適時に細かく連絡をするだけでも違います)、案外簡単に贔屓される側になるのではないかとも思います。

いずれにせよ、このような事情がある以上、お付き合いのある翻訳会社はできるだけ多い方が良いでしょう。

顧客と直接取引する

翻訳会社を通さずに、翻訳を必要としている顧客と直接取引することもできなくはありません。顧客と直接取引できれば、本来翻訳会社に落ちる中間手数料がなくなるので、報酬も大きくなることが期待できます。ただ、これはハードルが高いと思った方が良いでしょう。

法人は、通常法人と取引したがるものです。これは、対個人の取引では信用に乏しく、リスクが大きいからです。信用力という点では、法人は個人よりも圧倒的に大きいです。

また、源泉徴収の問題もあります。個人の翻訳者に翻訳を依頼する場合、法人であれば源泉徴収を行う必要があります。源泉徴収の処理はかなり手間がかかるため、やりたがらない法人がいても不思議ではありません。

翻訳を必要とする顧客と直接取引するためには、その顧客が対個人取引をどう考えているかにかかっていて、運によるところも大きいです。

また、その他にも、翻訳会社と比べて接点が乏しいという問題もあります。

クラウドソーシングを活用する

この他、最近ではクラウドソーシングを活用して、翻訳の仕事を請け負う人も増えてきました。

クラウドソーシングに登録すると、翻訳案件に応募できたり、あるいは直接相談されたりするので、実際に仕事を請け負いやすいと言われています。

しかし、クラウドソーシングを介して取引をする以上、手数料の負担があるうえ、低価格で請け負う人も多くいるため、なかなかそれなりの収益を上げ続けるのは難しいようです。

ただ、実際に翻訳をして報酬をもらうことで、翻訳者としての経験を積むことができるので、翻訳キャリアのステップアップにつなげていくのが望ましいと思います。

翻訳を請け負うための効果的なアピール

翻訳者は、翻訳実績や経験はもちろんですが、得意分野を持つことが武器になります。

医薬、特許、法律・法務、機械、財務・会計、広報など、特定の分野に精通する翻訳者は、顧客や翻訳会社にとって心強い存在です。実際に、顧客と打ち合わせをしていると、その分野に精通した人、業界経験がある人に翻訳してほしいという声をよく聞きます。

上に例示した分野は、割とニーズのある分野ですので、特に得意分野がないのであれば、この辺りから習熟していくと良いと思います。

なお、「なんでもできます」というアピールは、避けたほうが賢明です。経験上、「なんでもできる」という翻訳者は、なんにもできません。ただ外国語をそれなりに理解できるだけであって、専門性の高い案件を任せると、本質を全く理解していないであろう直訳文があがってしまうことが本当に多いのです。少なくとも、翻訳というものを本質的に理解していれば「なんでもできる」という言葉は、きっと出てこないと思います。

スポンサーリンク