"into"のもう一つの意味は「衝突」

いきなりですが、ここで英語のジョークを一つ。

 "Two fish swim into a concrete wall.
One turns to the other and says, 'Dam!' "

これは、原典が不明瞭ですが、いくつかのウェブサイトによると"the International Pun Contest"(国際だじゃれコンテスト)の入賞作品の一つだそうです。

このジョークを読んで、どのような情景が浮かんでくるでしょうか。

intoの意味は「中に入る」だけではない

2匹の魚が泳いでいた。

2匹は知らず知らずのうちに、コンクリートの壁の中に突き進んでいた。

1匹が気付き、振り向いてもう1匹にこう言った。

「Dam!」(しまった!/ダムだ!)

 

"into"を「~の中に」と解釈してしまうと、上のようなちょっと幻想的な情景を想像してしまうのではないでしょうか。

これだと、ちょっと (´・ω・)ん? になりますね。

"into"は「~の中に」を示す前置詞です。しかし、"into"はもう一つ「ぶつかる」「衝突する」という意味を示すこともあります。

従って、ここの"swim into"は「泳いでいたらぶつかった」ということになるので、ジョークは次のように解釈するのが妥当でしょう。

 

2匹の魚が泳いでいたら、コンクリートの壁にぶつかった。

1匹は、振り向いてもう1匹にこう言った。

「Dam!」(ちくしょう!/ダムだ!)

衝突を表す "crush into" , "drive into"

"into"の主な意味は、Oxford Dictionariesによると、次の通りです。

  1. Expressing movement or action with the result that someone or something becomes enclosed or surrounded by something else.
  2. Expressing movement or action with the result that someone or something makes physical contact with something else.

出典:Oxford Living Dictionaries

1がよく知られる「~の中に」で、2が今回の「衝突」ですね。

「衝突」を表す"into"は、他にも"crush into"や"run into"のような形で使われます。

"crush into"は、調べてみると、車が家に突っ込んだり、木にぶつかったりと、事故のニュースでよく出てきます。

"run into"は、人が何かと衝突することを多く指しますが、こちらはもう1つ「(人)と偶然に出会う」という意味があります。どちらを指しているかは、文脈から推察する必要がありますので、書き手の立場になる場合は気を付ける必要がありますね。

スポンサーリンク