"Co., Ltd."には省略を表すドットを忘れずに

"Office Penguin Co., Ltd."(株式会社オフィスペンぎん)

・・・いいですね :*:.。.:*(´∀`*)*:.。.:*: 

私は個人事業主ですので、「オフィスペンぎん」は現時点では屋号に過ぎませんが、いつかは「法人成り」して株式会社(Co., Ltd.)にしてみたいものです。

さて、ビジネスで英語翻訳にかかわっていると、社名の英語表記についていろいろと考えさせられることがあります。

日本語から英語に翻訳するとき、社名は固有名詞ですので、各会社のウェブサイトなどから定訳を引っ張ってくる必要があります。

しかし、少なからず、社名の英語表記が厳密には正しくない場合があります。

そのほとんどが、ドット "." を正しく使っていないケースです。

省略を表すドット "."

英語のドット "." には、日本語の句点「。」と同じ役割があることは、ご存知のことでしょう。

句点としてのドット "." は、アメリカではピリオド(period)、イギリスではフルストップ(full stop)と呼ばれています。

しかし、ドットはピリオドまたはフルストップとして文の終わりを示す他にも、省略を表すという大切な機能があります。

 

例えば、1月、2月、3月・・・・・・12月は英語で:"January February March April May June July August September October November December"ですね。

しかし、英語の月名は日本語と違ってとても長いため、次のように省略して表すことが多々あります:

"Jan. Feb. Mar. Apr. May Jun. Jul. Aug. Sep. Oct. Nov. Dec."

ここで登場するのがドット "." です。

 

英語では、単語を省略した場合は、省略した単語の直後にドット "." を打つのが原則です。

そのため、月の例では、Mayを除いて、省略された各月の後ろにドット "." が付いています。

(各月の省略表記は慣例的にドット "." を付けないこともありますが、原則的には付けると考えておいた方が良いです)

 

他にも、下記のような省略語はよく見かけると思いますが、いずれも後ろにドット "." が付きます。

  • et cetera → etc.
  • approximate(ly) → approx.
  • including → incl.

"Co., Ltd."には省略を表すドットが2つ

それでは、話を"Co., Ltd."(株式会社)に戻しましょう。

"xxxx Co., Ltd."は、省略せずに表記すると"xxxx Company, Limited"、すなわち「有限(責任)であるxxxx会社 」→「株式会社xxxx」となります(前株も後株も変わりません)。

CompanyがCo.に、LimitedがLtd.に省略されているので、これらのドット "." は必要になります。

そのため、正しくは”Co., Ltd.”(Co ドット カンマ 半角スペース Ltd ドット)と表記します。

 

誤表記としては、"Co, Ltd." や "Co., Ltd" などがよく目につきます。パッと見、問題なさそうに思えますが、厳密に言えば英語のルールに反していることになります。社名というのは、それこそ厳密なルールに従うべきモノですので、正しく表記したいところですね。

なお、Co.の後には、カンマ "," が続きます。カンマ "," がくれば、その直後には半角スペースが必要になるので、結果的に"Co., Ltd."という形ができあがります。この半角スペースも取らないで詰めてしまっているケースがあるので、気を付けたいところです。

"Inc."にも省略を表すドットを付ける

会社(法人)の英語表記には、"Co., Ltd."以外にも、”Inc.”を使うことがよくあります。

"Inc."は"Incorporated"(法人化した、法人格を得た)の省略形ですから、やはりドット "." が必要になります。

 

"Co., Ltd."は、有限責任である会社を明示していて、"Inc."は法人であることだけを明示しています。

日本の会社では、"Co., Ltd."が好んで使われていますが、"Inc."を使っている会社も少なくありません。中には、"Co., Inc."と合わせ技にする会社もあります。

また、会社の英語名をつける際には、"Co., Ltd."や"Inc."などの省略形を使わずに、"xxxx Company"とすることも可能です。ただ、個人的には"Inc."がスマートに感じるので、"Office Penguin Inc."にしたいですね。

会社であることをどのように英語で表記するかは、国によって異なります。このあたりは、各国の会社法を始めとした関連法によると思いますが、同様に省略形で表すことが多く、その際はやはりドット "." が必要になります。

スポンサーリンク