混乱しやすい"打折"

以前、日本のショッピングモールに服を買いに行ったときのことです。

購入しようとレジに行くと、そこには何やらアプリをダウンロードするだか、メンバーズカードを作ると、その時の買い物が "打一折" になると中国語で書いてありました。

心の中で「気前が良いな!」と思ったのもつかのま、併記してある日本語を読むと10%引きと書いてありました。

 

( ,,`・ω・´)ンンン?

 

"打一折"は「10%にする」(90%引き)

"打折" は、「割引」という意味のとてもローカルな中国語です。

具体的にどれぐらい割り引かれるかは、"打" と "折" の間に数字を置くことで表しますが、ちょっと注意が必要です。

例えば、そのお店の案内にあった "打一折" は、日本語で「10%になる」(要するに90%引き)という意味であって、「10%引き」の意味ではありません

もし「10%引き」という意味にしたいのなら、"打九折"(90%になる)と書かなくてはなりませんので、このお店の案内は誤植・・というか、単純に間違えてしまったんですね。

 

なお、文章中では「打〇折」と書きますが、広告や店頭ののぼり、割引シールなどでは「打」はつけずに、単純に「〇折」と表現します。例えば:

 

  • 9.5折! → 5%OFF!
  • 全场三折! → 全品70%OFF!
  • 最高八折! → 最大20%OFF!
  • 秋装一件8折,二件7.5折! → 秋物1点20%OFF、2点で25%OFF!

 

中国語学習者にとって、"打折" は誤解しやすい曲者です。だって、日本では「〇%引き!」と表現するのが一般的ですもんね。このあたりが、言語文化というのでしょう。

スポンサーリンク