"Suica"が"西瓜卡"なのはあながち間違いじゃない

最近、中国の方々が話しているのを何とはなしに聞いていたら、"西瓜卡"という言葉が飛び出してきました。

"西瓜"は、果物の「スイカ」ですね。"卡"は、「カード」のこと。

スイカ・・・カード・・・( ゚Д゚)!?

そうです、お察しのとおり、JR東日本が発行する"Suica"のことを、中国の方は果物の「スイカ」カードと呼んでいたのです。

いやいや、確かに発音上は”Suica”と「スイカ」は同じだけどさ(笑)と思ったのですが、よくよく調べてみると、これはあながち間違いではないことがわかりました・・

"Suica"の中国語俗称は"西瓜卡"

"Suica"の中国語正式名称は、同じくアルファベット表記の"Suica"です。JR東日本の中国語公式ウェブサイトでは"Suica"とだけ表記していて、”西瓜卡"という表記は見当たりません。

”西瓜卡"は、俗称にあたりますが、思った以上にこの言い方は浸透しているようです。中国の大手オンライン百科事典の"百度百科"にも中国語名称として”西瓜卡"が記載されていますし、日本の生活を紹介するウェブサイトなどでも、当然のように"西瓜卡"と表記しています。

"Suica"の由来は?

"Suica"の名称は、"Super Urban Intelligent Card"の頭文字から来ています。

しかし、名称設定に当たっては、この原義だけではなく、「スイスイ行けるICカード」という語呂合わせもあるそうです。

さらにそれだけではなく、親しみやすさを出すために果物のスイカとも語呂を合わせたようで、カードの緑色はそれこそスイカを意識しているのだそうです。

また、"Suica"の右上に目を向けるとロゴがありますが、意識してよく見てみると、なんと線路でスイカを模しているではありませんか・・・気が付かなかった!

要するに、"Suica"は果物の「スイカ」でもあるわけなので、中国語で"西瓜卡"といっても間違いではないんですね。

 

・・・知らなかったのは私だけでしょうか( ;∀;)

スポンサーリンク