「水金地火木土天海冥」の英語はどう変わった?

私が小学生の頃は、「水金地火木土天冥海!」とよく呪文のように唱えていました。

ご存知、太陽系の惑星を太陽から近い順に並べた覚え方ですが、よく話題になるのは、冥王星と海王星の位置関係。これは常に一定というわけではなく、どちらの方が太陽に近いかは、時期によって異なります。

1979年1月から1999年3月までは、冥王星の方が海王星よりも太陽に近かったので「水金地火木土天冥海」が正しかったのですが、今現在は海王星の方が太陽に近いので「水金地火木土天海冥」となっています。

次に冥王星が海王星より太陽に近くなるのは、おおよそ2226年頃なので、当面は「水金地火木土天海冥」でOKですね♪・・といいたいところはやまやま。

2006年にそもそもの前提が崩れるような出来事がありましたね。そう、冥王星が惑星ではなくなってしまったのです。

惑星から準惑星に降格した冥王星

冥王星

冥王星(出典:NASA

2006年8月、世界中の天文学者の集まりである「国際天文学連合」(International Astronomical Union:通称"IAU")の総会がプラハで開催されました。この総会では、惑星を科学的に定義したことが話題になりました。これに対するJAXAの説明によると、太陽系の惑星であるためには、次の条件を満たさなければなりません。

  1. 太陽の周りを回っていること。
  2. 十分重く、重力が強いため丸いこと。
  3. その軌道周辺で圧倒的に大きく、他の同じような大きさの天体が存在しないもの。

冥王星は、太陽の周りをぐ~るぐる回っているし(公転周期は約248年!)、十分に重くて丸い形をしているので、(1)(2)は問題ありません。

しかし、科学の進歩と共に、冥王星に似ている天体が続々発見され、冥王星の存在感はどんどん薄れていくことに。そして決定打となったのは、冥王星よりも大きな天体「エリス」の発見です。自分よりも大きな天体がある以上、もはや惑星としての立場がなくなった冥王星は、無事死亡。(3)を満たさないことから、2006年の総会において、惑星から「準惑星」に降格させられました。

そのため、現在、太陽系の惑星は「水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星」の8つで構成されています。

つまり、水金地火木土天海!となったのですが・・んー、なんだかしっくりこない。

「水金地火木土天海冥」は英語で何という?

日本ではこれまで「水金地火木土天海冥」と覚えていたように、英語にも太陽系惑星の順番の覚え方というのがありました。

有名どころは、次のようなものでしょうか。

 

My Very Educated Mother Just Served Us Nine Pizzas.

直訳:私のとても教養のある母は、ちょうど9枚のピザを私たちにくれた。

 

( ゜Д゜)? となるかもしれませんが、これは「水金地火木土天海冥」の各単語の頭文字を並べて作った文章なんです。つまり:

水星=Mercury

金星=Venus

地球=Earth

火星=Mars

木星=Jupiter

土星=Saturn

天王星=Uranus

海王星=Neptune

冥王星=Pluto


MVEMJSUNPの順番を覚えやすいように、作られた文章が
"My Very Educated Mother Just Served Us Nine Pizzas."なわけです。

おもしろいでしょ(^^)?

冥王星"Pluto"が欠落したらこうなる

 しかし、冥王星"Pluto"はもはや惑星ではなくなってしまいました。

海外では、”My Very Educated Mother Just Served Us Nine Pizzas”はメインディッシュを失った・・、なんて言われる始末。

そして、今では代わりとなる覚え方がいろいろと生まれています。

 

”My Very Educated Mother Just Served Us Nachos”(ナチョス)

”My Very Educated Mother Just Served Us Nougat”(ヌガー)

”My Very Educated Mother Just Served Us Noodles”(麺類)

"My Very Educated Mother Just Served Us Nectarines"(ネクタリン ※桃の一種)

など

個人的には”My Very Educated Mother Just Served Us.... Nothing!” なんかが好きです。点々がミソですね。

"My Very Educated・・・"以外にもいろいろなバージョンがありますので、興味があればYahoo! USA などで検索してみてくださいね。

無念の降格となった冥王星。そのインパクトは大きく、"Pluto"に「降格させる」という新たな用法が生まれるほどです。

でも、人類がどうこう騒ごうが、冥王星はただただ静かに周っているだけ。地球から何十億キロと離れた宇宙の果てを、ゆっくりと248年かけて太陽を周っているだけなんですね。

スポンサーリンク