混乱しやすい[~元/~先][~er/~ee]

日本語で対をなす「~元」と「~先」は、どちらが動作を行っている側で、行われている側なのか、混乱しやすいようです。

基本的に、「~元」は動作を行う者を指します。

販売元なら販売する側、仕入元なら仕入する側です。

【例】

販売元:販売する側であり、販売者。
仕入元:仕入する側であり、発注者。
調達元:調達する側であり、発注者。
発送元:発送する側であり、発送人。
請求元:請求する側であり、請求人。
支払元:支払する側であり、支払人。

一方、「~先」は動作が行われる者を指します。

販売先なら販売される側、仕入先なら仕入される側といった具合です。

【例】

販売先:販売される側であり、購入者。
仕入先:仕入される側であり、供給者。
調達先:調達される側であり、供給者。
発送先:発送される側であり、受取人。
請求先:請求される側であり、支払人。
支払先:支払われる側であり、受取人。

しかし、翻訳を通じてさまざまな会社の文書に目を通していると、「~先」と「~元」を混同しているケースがよく目につきます。

中でも、「仕入元」は本来言葉の成り立ちから言えば仕入れを行う側(発注側または購入側)ですが、供給する側(供給者、請負人)を指して使われることも多々あり、もはや慣例的に仕入先の意味で使っても許容されるようになっています。

そもそも、日本語は能動・受動があいまいなことが多いためか、これは「仕入元」が「仕入する元」なのか「仕入される元」なのか解釈が異なるために起きたことなのかなっと思います。

また、「製造先を探しています」といった言葉を見ることもありますが、これは「製造委託先を探している」ということでしょう。

特に翻訳者からすると、「~元」が「~先」それぞれ何を指しているのか文意から読み取って、適切な訳を当てないと誤訳になってしまいますね。

英語の場合

日本語の「~元」「~先」に対応するように、英語にも "er/or" 、 "ee" があります。

何れも動詞にくっついて、その動作を行う者("er/or")、動作が行われる者("ee")の意味になります。

【例】

employer:雇用する側であり、雇用主。
licenser/licensor:権利を許諾する側であり、許諾者。
payer:支払う側であり、支払人。
trainer:訓練・教育する側であり、いわゆるトレイナー。
adviser:助言・忠告を行う側であり、いわゆるアドバイザー。

employee:雇用される側であり、被雇用者。
licensee:権利を許諾される側であり、被許諾者。
payee:支払いをされる側であり、受取人。
trainee:訓練・教育を受ける側であり、訓練生・生徒。
advisee:助言・忠告を受ける側であり、被助言者。

悩ましい "Outsourcer" と "Outsourcee"

"outsource"(外注する;外部に委託する)から派生している "outsourcer" はちょっと頭を抱えてしまいます。

例のごとく、言葉の成り立ちや原則から言えば、"outsourcer" は委託する側(委託者)を指すはず、・・と思いきや、むしろ委託される側(受託者)を指すのが一般的なようです。"Oxford Dictionaries" によると、次のように定義されています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

outsourcer:
A person or organization which provides goods or services by contract from outside a particular organization or area; an external supplier.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

"outsourcer" について調べてみると、一応は「委託者」の意味もあるようですが、通常は「受託者」の意味で使うのだから、混乱すること待ったなし!

本来であれば、受託者は "outsourcee" であって然るべきかもしれませんが、"outsourcee" は普段使いしないようですね。先ほどの "Oxford Dictionaries" にも、"outsourcee" という単語は載っていませんでした。

ただ、契約書など、正式な文書で明確に委託者と受託者を分けなければならない場合には、①委託者を"outsourcee" として、受託者を "outsourcer" とするか、②委託者を"outsourcer" として、受託者を "outsourcee" とするように、使い分けることはあるようです。

この辺りに詳しい方がいらっしゃいましたら、ぜひコメントをいただければ嬉しいです。

スポンサーリンク