英語 中国語 ネイティブ翻訳のオフィスペンギン合同会社
英語 中国語 ネイティブ翻訳|無料試訳
Office Penguin
英語 中国語 翻訳会社のオフィスペンギン「会計年度(〇年度/〇月期)を英語で表現する方法」
英語記事>>

会計年度(〇年度)を英語で表現する方法

こんにちは!翻訳会社のオフィスペンギンです。

会計年度を表すときは "fiscal" という単語を使います。"fiscal" には、財政レベルの「歳入の~」「予算の~」という意味から、会社レベルの「財務の~」「会計の~」といった意味まであり、特に会社の財務資料では頻出です。

この "fiscal" を使って会計年度を表すにはいくつか方法があります。例えば、2021年度であれば、"fiscal year 2021"、"fiscal 2021"、"FY 2021" と表せます。

例:「2021年度財務成績」の英訳

  • Financial Results for the Fiscal 2021
  • Financial Results for the Fiscal Year 2021
  • Financial Results for the FY 2021

"FY" は Fiscal Year の頭文字を取った省略表記です。特に図表など、スペース上の制約から Fiscal Year が表記しきれないときによく使われます。

FYと数字の間には半角スペースを入れたり、入れなかったりします(FY2021/FY 2021 どちらも可)。

2021年度/FY 2021 では期間が異なることがある

日本の場合、年度表示には期初が属す年をあてます。つまり[2021年4月~2022年3月]を期間とする場合は2021年度となります。

一方、特に米国では、FY表示に期末が属す年をあてます。米国の多くの会社では1月~12月を会計期間としているので気づきづらいかもしれませんが、言葉のルールとしては期末が属す年で表します。つまり同じく[2021年4月~2022年3月]の期間であれば "FY 2022" となります。

つまり、単純に "FY 2021" とした場合、書き手と読み手の間で解釈の違いが生まれるおそれがあります。

解釈の違いを避ける

解釈の違いが起こらないように年度を翻訳するには期末日を示します。

「2021年3月期決算短信」の英語は:

Financial Results for the Fiscal Year Ended March 31, 2021

特に財務報告では、よくこの表現を目にします。

直訳すると「2021年3月31日に終わった会計年度中の財務成績」となります。

具体的に期末日を明示することで、会計期間が誰の目にも明らかになります。

日本語でいうところの「〇月期」に近いですね(2021年度3月期であれば[2020年4月~2021年3月])。

ちなみに、もし連結決算であれば頭にConsolidatedをつけるだけでOKです。

「2021年3月期決算短信(連結)」の英語は:

Consolidated Financial Results for the Fiscal Year Ended March 31, 2021

なお "ended" は、現時点でみて、過去の場合に使います。上記の訳例では、2021年3月31日よりも未来にいて、過去を振り返る場合に使います。財務報告の多くはそうですね。

もし、まだその時が到来していないなら "ending" にします。

財務報告など、厳密さが求められるシーンではこのように処理するのが妥当ですが、標準的な文章である場合やその年度が指している期間が明らかな場合には "fiscal year 2021"、"fiscal 2021"、"FY 2021" で済ました方がよいときもあります。

あわせて覚えておきたい半期/四半期の英語

半期は "half" で表します。上半期/上期であれば "first half"、下半期/下期であれば "second half" です。半分の1番目、半分の2番目という成り立ちですね。

それぞれ、H1 H2 と短縮表記することもあります。

四半期は "quarter" で表します。"quarter" は1/4の意味で、第1四半期、第2四半期・・は同様に序数で表します。

それぞれ、Q1 Q2 Q3 Q4 と短縮表記することもあります。

半期の英語

上半期 first half  H1
下半期 second half  H2

四半期の英語

第1四半期 first quarter  Q1
第2四半期 second quarter  Q2
第3四半期 third quarter  Q3
第4四半期 fourth quarter  Q4

半期/四半期は財務報告などでも頻出ですので、年度とあわせて覚えておくと便利かもしれません。

英語 中国語(簡体字/繁体字) 翻訳会社「オフィスペンギン合同会社」のネイティブ翻訳

翻訳でお困りでしたらお気軽にご相談ください。お見積りは即日無料です!

翻訳サービスのご案内

info@office-penguin.com