日⇔英/日⇔中 ネイティブが翻訳します!

オフィスペンぎん 翻訳

日本語⇔英語、日本語⇔中国語を自然に翻訳します。中国語は簡体字・繁体字に対応。いずれも大手企業と継続的にやり取りしている、実績・実力のあるネイティブ訳者が担当します。

翻訳実績  翻訳料金  お客さまからのご評価


シンプルでわかりやすい記事を書きます!

オフィスペンぎん 記事執筆・ライティング

一文一義を基本に、シンプルでわかりやすい記事を書きます。やわらかい文体、親しみやすい文体、かしこまった文体、カッコつけた文体など、柔軟に対応いたします。SEOを踏まえたウェブライティングも実績豊富です。

執筆実績  執筆料金  お客さまからのご評価


お好みのテイストにリライトします

オフィスペンぎん リライト

すでにある文章をわかりやすくする、柔らかくする、固くする、ユーモラスにする、論理性を補強する・・など、ご希望のテイストに仕上げます。

Wordでしたら、変更履歴やコメントをつけて納品することも可能です。


クラウドソーシングからもご注文いただけます!

直接お取引をするのがご心配な方、クレジットカードでのお支払いをご希望の方、源泉徴収が面倒と思われる方などは、クラウドソーシング(ココナラまたはランサーズ)からもご注文いただけます。


オフィスペンぎん ココナラプロフィール マスターランク

ココナラでは、最高ランクの「マスターランク」です。評価平均点も最高の5つ星をキープしています。


ご相談・雑談、なんでもお気軽にご連絡ください♪


メモ: * は入力必須項目です

スポンサーリンク


ブログ「ペンぎんの巣」

伝わらない歯がゆさ『ミラクル・ニール』

イギリス発のコメディ映画『ミラクル・ニール』(原題: Absolutely Anything)。今は亡き名優「ロビン・ウィリアムズ」が出演した(声のみ)最後の映画としても、注目されましたね。

『ミラクル・ニール』の主演は、私の大好きな俳優「サイモン・ペグ」です。サイモン・ペグが出演する映画で初めて見たのは、超B級ゾンビ映画『ショーン・オブ・ザ・デッド』。超B級はもちろん誉め言葉です!『ショーン・オブ・ザ・デッド』も同様にイギリス映画で、当時イギリス映画をあまり見ていなかった私にとって、イギリステイストのコメディは新鮮でした。その後『ミッション:インポッシブル』シリーズで「あれ、この人、見覚えがあるような・・」となったのがサイモン・ペグでした。サイモン・ペグは、この他にも『スター・トレック』シリーズや『スター・ウォーズ』などの大作に出演していますね。

『ミラクル・ニール』は、サイモン・ペグの魅力が詰まった、軽い気持ちで見られるおもしろい映画でした。90分もないぐらいなので、サクッと楽しめます。そしてなにより、英語を勉強している私にとって、たくさんの「英語的な」笑いどころがありましたので、英語好きの方にも、ぜひ見ていただきたい作品です。

以下、少し本編に触れます。

続きを読む 0 コメント

現金を扱わないメリット

だいぶ前に、英会話学校を経営している人から聞いた話で印象深かったことがあります。

その経営者はアメリカでMBA(経営学修士号)を取得して、日本で起業したとかなんとか。やはり、それなりに合理的に経営を進めていたのでしょうか、経営にはいろいろな工夫が見て取れました。

その方が運営する英会話学校は入校時に、入会金、授業料、教材代と、まぁ一般的な学校と変わらない名目で代金を支払うことになります。しかし、学校側はこれらの代金を全て銀行振込にしてもらい、現金は一切受け付けないそうです。

現金を受け取らないことに対して「どうしてだと思う?」と聞かれた私は「防犯のため?」と答え、浅学菲才をさらけだしていました。今になって思えば、現金を扱わないことは、事業を営む上でたくさんのメリットがあることに気がつきます。

続きを読む 0 コメント

思っていた映画と良い意味で違った『ザ・コンサルタント』

最近は、もっぱらオンライン配信サービスを利用して映画を見ています。いろいろな映画が配信されていて嬉しいのですが、新しい作品はさすがになかなか配信されないですね。

久しぶりにTSUTAYAに寄ったところ、見たかった新作映画がたくさん。でも、なかなか見るゆとりがないので、借りるのは1本だけにしました。

盲目の老人が超怖い『ドント・ブリーズ』にしようか、会計士が超強い『ザ・コンサルタント』にしようか迷いましたが、今回はベン・アフレック主演の後者にしました。

以下、ちょっと映画本編に触れます。

続きを読む 0 コメント

混乱しやすい[~元/~先][~er/~ee]

日本語で対をなす「~元」と「~先」は、どちらが動作を行っている側で、行われている側なのか、混乱しやすいようです。

基本的に、「~元」は動作を行う者を指します。

販売元なら販売する側、仕入元なら仕入する側です。

続きを読む 0 コメント

いいこというなぁ "Dicky Fox"

本業に副業、家事に子育て、娯楽に費やせる時間なんてあったもんじゃない・・・と忙しなく時間が流れていましたが、最近ではスマホを使って、通勤中でも映画を見られるようになりましたね、嬉しい!

通勤時間は長いけど、その分映画を楽しむことができて、心にちょっとしたゆとりを感じるようになりました。息抜きって大切!

さて、私は映画マニアというほどでもありませんが、映画が好きでよく見ます。今回、ガタンコトンと電車に揺られながら見た映画は、トム・クルーズ主演の『ザ・エージェント』(原題:Jerry Maguire)。ミッション・インポッシブル1と同時期に公開された映画ですが、それぞれの作品で全く異なる顔を見せるトム・クルーズは役者ですね!

『ザ・エージェント』は、見ていてついつい笑みがこぼれてしまう、"funny" で "heartwarming" な良作でした。電車内でニヤつく気持ち悪さはさておき、劇中に登場する "Dicky Fox" なる人物が強く印象に残りました。

人生に達観している成功者のような人物 "Dicky Fox"、彼の言葉は今の私の心にも響きました。

続きを読む 0 コメント