日⇔英/日⇔中 ネイティブが翻訳します!

オフィスペンぎん 翻訳

日本語⇔英語、日本語⇔中国語を自然に翻訳します。中国語は簡体字・繁体字に対応。いずれも大手企業と継続的にやり取りしている、実績・実力のあるネイティブ訳者が担当します。

翻訳実績  翻訳料金  お客さまからのご評価


シンプルでわかりやすい記事を書きます!

オフィスペンぎん 記事執筆・ライティング

一文一義を基本にした、シンプルでわかりやすい記事を書きます。その他にも、やわらかい文体、親しみやすい文体、かしこまった文体、カッコつけた文体など、柔軟に対応いたします。SEOを踏まえたウェブライティングも実績豊富です。

執筆実績  執筆料金  お客さまからのご評価



オフィスペンぎん リライト

リライトも承っております。

わかりやすくする、やわらかくする、固くする、ユーモラスにする、論理性を補強する・・など、ご希望のテイストに仕上げます。


人気ウェブサイトに広告を掲載します!

オフィスペンぎん(広告掲載(タブストック))

月間訪問者数20,000人超、月間ページビュー90,000回の音楽ウェブサイト「タブストック」に広告を掲載します。テキストリンク、バナーリンクともに掲載可能です。


クラウドソーシングからもご注文いただけます!

直接お取引をするのがご心配な場合は、クラウドソーシング(ココナラまたはランサーズ)からご注文下さい。


オフィスペンぎん ココナラプロフィール マスターランク

ココナラでは、最高ランクの「マスターランク」です。評価平均点も最高の5つ星をキープしています。


ご相談・雑談、なんでもお気軽にご連絡ください♪


メモ: * は入力必須項目です

ブログ「ペンぎんの巣」

"Ladies and Gentlemen"は性差別?

私は普段、Facebookを通じて、海外メディアのさまざまな記事に目を通しています。

お気に入りは"Upworthy"、政治や経済などの生真面目な記事は少なく、興味を持ちやすい旬な話題を届けてくれます。

"Upworthy"にて、7月14日付で配信された"London trains are swapping 'ladies and gentlemen' for this gender-neutral greeting."は、翻訳に限らず、普段から言葉を扱う仕事をしている私にとって、とても興味深かったです。

なお、"swap a for b"は、aとbを交換するという意味ですので、「ロンドンの電車 "Ladies and Gentlemen"を性差別のない挨拶に変更」といった具合でしょうか。

続きを読む 0 コメント

"Suica"が"西瓜卡"なのはあながち間違いじゃない

最近、中国の方々が話しているのを何とはなしに聞いていたら、"西瓜卡"という言葉が飛び出してきました。

"西瓜"は、果物の「スイカ」ですね。"卡"は、「カード」のこと。

スイカ・・・カード・・・( ゚Д゚)!?

そうです、お察しのとおり、JR東日本が発行する"Suica"のことを、中国の方は果物の「スイカ」カードと呼んでいたのです。

いやいや、確かに発音上は”Suica”と「スイカ」は同じだけどさ(笑)と思ったのですが、よくよく調べてみると、これはあながち間違いではないことがわかりました・・

続きを読む 0 コメント

「歩きスマホ」を英語・中国語でどういうか

最も身近な社会問題となっている「歩きスマホ」。

駅のホームなんかで歩きスマホをしている人を見ると、ヒヤっとしますね。

スマホを含め、携帯電話の普及率はすさまじく、ITU(International Telecommunication Union)の統計によると、2015年の日本の携帯電話加入数は約1.6億件で普及率は約126%(人口を超える加入数のため100%超)だそうです。これだけ普及していれば、歩きスマホの問題もあって然りなのかもしれません。

一方、他国に目を向けてみると・・

同様に、アメリカは3.8億件の117%、イギリスは0.8億件の124%、ドイツは1億件の116%、フランスは0.7億件の102%、中国は桁違いで13億件の92%でした。

要するに、経済的に主要な国では、携帯電話が著しく普及していることになります。

それなら、日本と同様に「歩きスマホ」が問題になっているはず!っと思たのですが、そもそも「歩きスマホ」という言葉は英語や中国語でどう表現するのでしょうか

続きを読む 0 コメント

英語の題名や見出しを大文字表記する方法

英語で題名や見出しを書くとき、強調するために、あるいはデザインを考慮することで、大文字にすることがありますね。例えば、論文を書く場合には、題名を英語で書くこともあるのではないでしょうか。

しかし、いざ大文字にしようと思っても、いったいどこを大文字にすべきか悩むことはないでしょうか?私は仕事柄、英語を扱うことが多いので、よく疑問に思っていました。

大前提として、それぞれスタイル・ガイドがある場合にはそれに従えば良いのですが、どこを大文字にするかまで取り決めているスタイル・ガイドはあまり見たことがありません。

いろいろ調べているうちに、題名や見出しを大文字表記するには、いくつかパターンがあることに気が付きました。

ここでは、よく見る4パターンを紹介したいと思います。

続きを読む 0 コメント

混乱しやすい"打折"

以前、日本のショッピングモールに服を買いに行ったときのことです。

購入しようとレジに行くと、そこには何やらアプリをダウンロードするだか、メンバーズカードを作ると、その時の買い物が "打一折" になると中国語で書いてありました。

心の中で「気前が良いな!」と思ったのもつかのま、併記してある日本語を読むと10%引きと書いてありました。

 

( ,,`・ω・´)ンンン?

 

続きを読む 0 コメント

スポンサーリンク