英語 中国語 ネイティブ翻訳のオフィスペンギン合同会社
フォーマル・カジュアル対応 ネイティブ翻訳
Office Penguin LLC

オフィスペンギンの翻訳

オフィスペンギンはネイティブ翻訳/クロスチェック体制で品質を担保し、商社やメーカー、IT企業など、さまざまな業界のお客さまに正確で自然な翻訳を提供しています。

ネイティブ翻訳

ネイティブ翻訳とは、訳後言語を母国語とするネイティブが翻訳することです。弊社では、英訳であれば、基本的に米国人翻訳者が担当します。

また、中国語には本土で使用する簡体字と台湾や香港で使用する繁体字があります。簡体字翻訳の場合は、中国本土のネイティブが、繁体字の場合は台湾などのネイティブがそれぞれ担当します。

翻訳の品質は、訳者の能力に大きく左右されます。そのため、弊社では翻訳者に対して非常に高い基準を設けています。日本の文化に興味がある程度の方、大学で日本語を学んだだけの方では通用しません。日本で実務をこなした経験があり、日本の社会制度や産業、そして日本語そのものに精通し、母国語の文章力も秀でている訳者のみが担当しています。

翻訳者略歴 一例

米国人訳者 J

米国の大学を卒業後、日本の大学院に留学。修士号。日本の大手電機メーカーでリサーチャーとして活躍。上場企業や大手企業のPR/IR翻訳を担当する一方、出版物の翻訳もこなす。日本の永住権を取得済み。

ネイティブ翻訳担当 米国人翻訳者
ネイティブ翻訳担当 中国人翻訳者

中国人訳者 Z

中国の名門大学を卒業後、日本の大学に留学。在中国日系企業、日本の商社及び印刷機メーカーに勤める。国際貿易に伴う契約関連の中国語翻訳に強い。日本の永住権を取得済み。

日本人訳者 T

日本の外国語大学に在学中、米国に長期留学。帰国卒業後、大手の銀行及び証券会社に勤める。財務、金融、会計などの翻訳に長け、翻訳学校で教鞭もとる。

ネイティブ翻訳担当 日本人翻訳者
※実際はニンゲンです。

クロスチェック

クロスチェックとは、訳後言語のネイティブが翻訳したテキストを、訳前言語のネイティブが確認する作業のことです。例えば、日→英翻訳であれば、米国人訳者が翻訳したテキストを、日本人マルチリンガルがチェックします。

両言語の角度から正しく翻訳されているか確認することで、翻訳の齟齬を排除し、同時に校正、校閲、プルーフリーディングも行います。

弊社では、翻訳者と同様に、チェッカーに対して高い基準を設けています。弊社のチェッカーは、能力的に翻訳もこなせます。

他社翻訳との違い

他社との大きな違いは、ネイティブが訳すか、非ネイティブが訳すかです。

日本語から外国語に翻訳する場合、多くの翻訳会社では日本人が翻訳し、ネイティブがチェックする体制を取っています(格安な翻訳会社だとネイティブチェックをかけないことや、かけても原文と照らし合わせず「浅い」場合があります)。しかし、弊社ではネイティブが翻訳し、マルチリンガルの日本人がチェックする逆の体制を取っています。

非ネイティブが訳した不自然なテキストを、ネイティブチェックで調整するには限界があります。表現や論理的な展開が、どうしても元のテキストにひきづられてしまうためです。

建物に例えるなら、基礎や構造が不完全な状態で築いて補正するか(日本人翻訳/ネイティブチェック)、はじめからしっかりした基礎に正しい構造で築いて補正するか(ネイティブ翻訳/クロスチェック)の違いです。

一度構築してしまうと基礎や構造を完全に補正できないのは、テキストでも同じです。ネイティブ翻訳とクロスチェックを組み合わせることで正確さや論理性を担保できることはもちろん、自然さや表現力、訴求力などが生まれます。

日本人は日本語を書く、米国人は英語を書く、中国人は中国語を書く。弊社は、これが至極自然で、良質なテキストを産む原則と考えています。そのため、ネイティブ翻訳/クロスチェック体制を採用しています。

翻訳サービスのご案内/お問い合わせ