英語 中国語 ネイティブ翻訳のオフィスペンギン合同会社
英語 中国語 ネイティブ翻訳|無料試訳
Office Penguin
英語 中国語 翻訳会社のオフィスペンギン「役職/肩書を英語で表現する」
英語記事>>

役職/肩書を英語で表現するには

こんにちは!翻訳会社のオフィスペンギンです。

役職/肩書を英語に翻訳するのは、割と難しいです。特に定訳がない場合は、さまざまな英訳案からどの訳が適切なのか、翻訳会社内でも慎重になります。

役職/肩書を英訳するには、さまざまなことに気を払う必要がありますが、ここではオーソドックスな訳し方をご紹介します。

役職/肩書はなぜ英語にしづらいのか

はじめに、なぜ役職/肩書は英語に翻訳するのが難しいのか、簡単にふれてみます。

会社は、所在国ごとの法律や制度に基づいて構成されます。つまり、会社の構成そのものが日本と外国とでは異なります。そのため、日本の役職/肩書と完全に同じ性質や機能を持った役職/肩書が外国にもあるとは限らず、完全に一致する訳はなかなか見つかりません。

また、役員のような法的に定められる役職の他に、それぞれの会社にはそれぞれの役職/肩書が存在し、その権限や定義も異なります。さらに、会社ごとにガバナンス体制も異なりますので、同じ名称の役職/肩書であっても、その存在意義が異なれば訳し方も変わります。

そのため、現実的には役職/肩書の職能に照らして適訳をあてることになります。

役職や肩書、属性の英訳 代表例

以上のことを踏まえたうえで、日本の会社の役職/肩書、属性のオーソドックスな英訳を例示してみます。以下、単数形で表しますが、実際には単複を使い分けます。

役員/従業員

まず、おおまかな属性として、会社に属する人は役員と従業員に分けられます。

役員はofficerと訳せます。

従業員はemployeeと訳せます。

取締役

さて、役員のひとつ取締役ですが、こちらはdirectorと訳せます。

取締役が集う合議体「取締役会」は、the board of directors と訳すのが一般的です。

代表取締役

代表取締役は、通常、representative director と訳します。

representative は「代表の」の意味です。

社外取締役

社外取締役は、outside director と訳します。

independent director という英語表現も見かけることがありますが、こちらは字面のとおり独立性が強調されます。

監査役

監査役の英語については、単純にauditorとするケースもありますが、公益社団法人日本監査役協会が「監査役等の英文呼称について」で見解を発表し、次のような訳を推奨しています。

監査役:Audit & Supervisory Board Member

監査役会:Audit & Supervisory Board

出自:監査役等の英文呼称について

訳が長くて違和感を覚えるかもしれませんが、ここは業界団体の案を受け入れるのが妥当でしょう。

社外監査役

社外監査役は、社外取締役と同様に、outsideをつけるだけなんですが・・

outside audit & supervisory board member と大変冗長になってしまいます。

少しでも冗長さを払拭するために、audit & supervisory board member (outside) と後ろにカッコ書きする方法もあります。

執行役

執行役は、executive officer と訳せます。

おなじみ、CEO(chief executive officer)のEOに該当します。

ちなみに、ガバナンス関連の英訳では、執行に対してexecutionをよく使います。

代表執行役

代表執行役は、representative executive officer と訳せます。

委員

指名委員会、監査委員会、報酬委員会など、さまざまな委員会がありますが、これらの委員は単純にcommittee memberと表せます。

委員長

委員会のトップである委員長は、通常chairperson (chairman) と訳します。そのため、具体的に何の委員会の委員長であるのかを示す場合には、the chairperson of the XXX committee のように表現します。

・・・・以上、役員は法的に定められる役職でもあるので、割と翻訳しやすいです。 次に、法的に定められていない役職/肩書、つまり会社が自由に決定するものについて、訳例をあげてみます。

会長

会長は、chairperson(chairman)と訳すのが一般的です。

副会長

副会長は、vice chairperson(chairman)でOKです。

ただし、会長の英訳がchairperson(chairman)であることが前提になります。

社長

社長そのものは、president が一般的です。

代表取締役社長であれば、president and representative director となります。

社長兼CEOのような肩書であれば、president and CEO となります。

副社長

副社長は、vice presidentと訳します。

もちろん、社長がpresidentであることが前提です。

ときたま、社長をCEOとする会社もあるので、うっかりミスには気をつけたいところです。

ここからまた複雑になります。

専務、常務

専務や常務のようなレベルの管理職にも、directorをあてることが多いです。

実際に取締役も受任していれば(専務取締役、常務取締役であれば)directorでなんの問題もありません。

しかし、取締役ではなくてもdirectorをあてることがあり、その場合には少し注意が必要です。

英訳としては、いずれもmanaging directorが無難です。

専務と常務を明確に分けるには、役位が上の方(一般的に専務)をsenior managing directorとし、役位が下の方(一般的に常務)をただのmanaging directorとするのも一手です。

専務と常務の違いについては 専務/常務の違い をご覧ください。

部長、次長、課長、係長

このレベルの役職/肩書は、要するに部門の長ということです。そのため、単純にmanager(管理者)と表現するのが無難です。

managerの中でもトップクラスの部長は、general manager とすることが多いです。

そして、課長はmanager、係長はassistant managerとするとスムーズです。

また、次長はvice(副)で表すことができます。部長のひとつ下を指すのであれば、vice general manager とするのがわかりやすいです。

または、代理であることを示すdeputyを使って、deputy general manager も考えられます。

室長

室長は、head of office と訳せます。もちろん、性質的にはmanagerなどでも表現可能ですが、あえて「室」を訳出することで、他の役職/肩書との混同を避けることができます。

例えば、監査室長であればhead of audit office、経営管理室長であればhead of business administration office、研究開発室であればhead of R&D officeのように表現できます。

チームリーダー、グループ長など

このレベルの役職/肩書には、leaderが便利です。

チームリーダーであればそのままteam leader、グループ長であればgroup leaderなどと表現できます。

leaderの代わりに、managerを使うのもOKですが、他の上級職のmanagerと抵触しないように注意したいところです。

職長、現場監督、現場指導員など

職長、現場監督、現場指導員など、いわゆる「親方」的な役職・肩書には、foreperson (foreman)がピッタリです。監督的な立場を示すように Supervisor とすることもあります。

作成者、確認者、承認者、決裁者

資料や文書を作成するときの、作成者はpreparer、確認者はreviewer、承認者はapprover、決裁者はauthorizerと考えておくとわかりやすいです。

承認者と決裁者が分かれていないのなら、決裁者に対してapproverを使ってもおかしくありません。

意思決定者

意思決定者は、最近ではカタカナでディシジョンメーカーということもあるように、decision-makerでOKです。

間のハイフンは必要なので、お忘れなく。

担当者、責任者

あらゆる場面で使われる担当者と責任者ですが、英語の場合、いずれもひと言で言い表すことが難しいです。

基本的に、担当者はperson in charge of xxxxxxと訳せます。例えば、調達担当者であればperson in charge of procurement、検査担当者であればperson in charge of inspectionと表現できます。

また、責任者はperson responsible for xxxxxxと訳せます。例えば、コンプライアンス責任者であればperson responsible for compliance (activity) と表現できます。

ただ、責任者に対しては、managerやofficerなどの訳をあてるケースもあり、コンプライアンス責任者の例でいえば、compliance managerやcompliance officerのような表現にした方がスマートに感じます。

英語 中国語(簡体字/繁体字) 翻訳会社「オフィスペンギン合同会社」のネイティブ翻訳

翻訳でお困りでしたらお気軽にご相談ください。お見積りは即日無料です!

翻訳サービスのご案内

info@office-penguin.com